東京都で狭小住宅を得意とするハウスメーカーを徹底ガイド

狭小住宅に求めるこだわりポイント

匠恵塾

ローコストの狭小住宅を手がけている匠恵塾の特徴と、利用者からの口コミ評判をまとめました。

ローコスト狭小住宅を実現する匠恵塾

東京都品川区に事務所を構える匠恵塾は、狭小地にデザイナーズハウスを実現させている建築士事務所。専属の建築家とともに、どんなに厳しい条件下においてもデザイン性が高く住みやすい家づくりを目指しています。

ローコスト狭小住宅を実現する「いちごハウス」

匠恵塾の「いちごハウス」は、狭小地に対応したオリジナルの規格住宅プラン。「標準建設費1,500万円」と「一期一会」がネーミングのもととなっています。

いちごハウスは大手住宅メーカーに負けない高品質設備を標準仕様とし、設計・施工のムダなコストを削減。間取りは自由設計ながら、安全性・デザイン性に優れた住まいの規格化に成功しています。

施工方法は、木造軸組工法(在来工法)・RC工法(鉄筋コンクリート造)・S造(鉄骨造)。それぞれの工法に使われる部材は工場でおおかたの生産・加工を進めており、現場では組み立てるだけと施工もスピーディーです。

徹底したコストコントロール

いちごハウスの標準建設費は1,500万円と安価ですが、「安かろう悪かろう」にならないよう品質にもこだわっています。

標準仕様となっている設備は大手住宅メーカーに匹敵するものですが、これは長年にわたって積み重ねてきた各業者との信頼関係によるもの。ライフスタイルや要望に合わせてムダな設備を省く努力も惜しみません。

また、モデルハウスや広告費の削減も、ローコスト狭小住宅を実現させている1つの要素。依頼主に負担をかけるコストは徹底して削減する、これが匠恵塾の考える究極のコストコントロールなのです。

口コミ評判をチェック!

  • 狭小住宅でもオシャレなデザインの家が作りたくて、匠恵塾に相談しました。設計は自由ですが、ある程度規格化されているので打ち合わせはサクサク進みました。小さい家ではありますが、生活には何不自由ない住まいとなって満足です。
  • ローコストにもかかわらず、建材などはいい材料を使っています。つくりもデザインも洗練されており、収納などの工夫も随所に盛り込まれていて良かったです。工事中も引き渡し後も大きなトラブルはなく、アフターサービスも対応もきちんとしています。
  • こちらの要望に合わせて複数のプランを提案してくれるなど、思った以上に自由度が高いなと感じました。若干工期は遅れましたが、職人さんたちの頑張りのおかげで理想通りの家が建ちました。仕上がりもキレイで感謝しています。

会社概要

会社名 株式会社 匠恵塾
所在地 東京都品川区大井1-54-6 2F
アクセス 各線「大井町駅」徒歩5分
営業時間 平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日 日曜日
ショールーム・
モデルハウス
なし
アフターサービス 瑕疵担保保証に沿った定期点検を実施。

東京で
狭小住宅を建てるために
知っておきたい事

詳しくはこちら