東京都で狭小住宅を得意とするハウスメーカーを徹底ガイド

狭小住宅に求めるこだわりポイント

HOME » 東京で狭小住宅を建てるために知っておきたいこと

東京で狭小住宅を建てるために知っておきたいこと

東京都に狭小住宅を建てるには、さまざまな規制をクリアする必要があります。

狭小住宅に関わる規制・法律とは?

このカテゴリでは、必ず押さえておきたい規制や住宅の機能について解説。基礎知識として、ぜひ目を通しておいてください。

防火規制

防火規制ではエリアによって「防火地域」と「準防火地域」が規定されており、この地域に家を建てる場合には決められた制限内容に沿って設計・施工を行う必要があります。とくに狭小地の多い東京都内のエリアはほとんどが防火地域・準防火地域に指定されているため、狭小住宅を建てようと思っている方は必ずチェックしておきましょう。

防火規制について詳しく

耐震・免震

地震の揺れから建物を守るための工法である、耐震・制震・免震の違いについて解説しています。その中でも、建物だけでなく内部の安全も守れる話題の免震工法・スーパージオ工法について詳しくご紹介。スーパージオ工法の高い安全性や、環境への優しさなどに注目してみてください。

耐震・免震について詳しく

遮音性

隣家や道路との距離が近くなりがちな狭小住宅において、遮音性は決して軽視できない要素の1つ。快適な住まいづくりのために押さえておきたい、遮音の重要性について解説しています。また、住宅の遮音性能を高くしておきたい部分や、D値・L値・T価といった設備の遮音等級についても要チェック。

遮音性について詳しく

断熱性

「夏は涼しく冬は暖かい」家づくりのために必要不可欠な、外断熱・内断熱の特徴と違いについて解説しています。なかでも、近年注目されている技術である高性能ダブル断熱についてもご紹介。断熱性・気密性が非常に高いダブル断熱では、最小限の冷暖房でも快適な住環境を実現できます。

断熱性について詳しく

生活動線

生活動線とは、住宅内において日常生活を送るうえでの動線。とくに狭小住宅は使用できるスペースが限られているため、住宅の設計ではこの生活動線をしっかり考慮することが重要です。上手な生活動線の取り方や、空間や間口の広さを確保するポイントについてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

生活動線について詳しく

高さ制限

東京都市部の住宅密集地における日照・通風性・防火性・景観上の問題を防ぐための措置が「高さ制限」。ここでは、建築基準法によって定められている絶対高さ制限・最高高さ制限について解説しています。理想通りの住まいを実現するために押さえておきたい規制なので、必ずチェックしておいて。

高さ制限について詳しく

斜線規制

斜線制限とは、土地の周囲にある道路・隣地・公園などから発生する斜線に応じ、建築物の高さを制限するというもの。斜線制限には道路斜線制限・隣地斜線制限・北側斜線制限の3種類があり、それぞれが適用される地域は異なるのが特徴です。

斜線規制について詳しく

東京で
狭小住宅を建てるために
知っておきたい事

詳しくはこちら