東京都で狭小住宅を得意とするハウスメーカーを徹底ガイド

狭小住宅に求めるこだわりポイント

収納

狭小住宅を広く快適にする工夫の1つ、収納の施工事例についてまとめてみました。

狭小住宅における収納の実例

限られたスペースを有効活用したい狭小住宅において、収納スペースは非常に重要。十分な収納があればタンスなどの家具を置く必要がなくなり、その分を居住スペースとして利用できるようになります。

ここでは当サイトでご紹介している住宅メーカーの施工事例の中から、収納の事例写真をピックアップしてご紹介。プロの提案する技あり収納やアイデア、スタイリッシュなデザイン等をぜひ参考にしてください。

繊細かつダイナミックに設置した収納が魅力的な家

東京組の狭小住宅における収納実例 東京組の狭小住宅における収納実例2
引用元:東京組公式HP
(http://tokyogumi.jp/works/skip)

7層からなるスキップフロアの3階建て狭小住宅。フロアとフロアを繋げる段差の下を収納にし、ちょっとした小物類をしまえるようにしてあります。引き出しと扉式の2スタイルを設けているので、用途に合わせて自由に利用可能。洗面所には、天井まである造作の棚をダイナミックに設置。リネン類はもちろん、普段使わないものなどもしっかりと収納できます。

住まいの形にピッタリの造作家具

国工務店の狭小住宅収納例 国工務店の狭小住宅収納例2
引用元:国工務店公式HP
(http://www.kuni-koumuten.co.jp/cms/example/03/)

左は、独特の壁の形を有効利用した造作の本棚。物を入れた状態で壁の中にスッポリ収めることができるため、ジャマになることがありません。下の段を引き出すと奥にも棚があるなど、かなりの収納力を発揮!右はキッチンカウンターと柱をくり抜いて作られた収納。ちょっとしたデッドスペースでも見逃さないことが、収納力アップのヒケツです。

デザイン性と機能性を追求した住まい

則武工務店の狭小住宅収納例 則武工務店の狭小住宅収納例2
引用元:則武工務店公式HP
(http://www.noritake-con.com/e19.html)

7坪という土地に建てられたコンクリート造の狭小住宅。限られた敷地の中で、美しさと機能性を追求しています。左の写真は、ベッドルームの壁一面に設けられた大型収納。必要な棚を手前に引き出して使用するため、普段は壁の中にしまっておけます。右のダイニングキッチンは、両サイドに収納を配置。物を出しっ放しにすることがないため、いつでもスッキリと利用できます。

畳下収納など収納力アップの工夫が満載

 渡辺ハウジングの狭小住宅収納例 渡辺ハウジングの狭小住宅収納例2
引用元:渡辺ハウジング公式HP
(http://www.e-iezukuri.biz/e30.html)

さまざまな工夫が盛りだくさんの、約11坪の2階建て住宅。ダイニング部分を床より一段高くした畳敷きとし、その下を収納として上手に活用しています。小屋裏収納(ロフト)には造作の棚を設置。十分な高さがあるので移動も楽チン、物の整理整頓もしやすくなっています。

東京で
狭小住宅を建てるために
知っておきたい事

詳しくはこちら